探偵ができることとできないこととは?

ドラマと違う?探偵ができることって何?

探偵とはどんな仕事なの?どんなイメージを持っていますか?

「職業は探偵です。」なんだかカッコいいような感じもしますが、実際に探偵という職業はどうすればなることができるかご存知ですか? 資格試験を受けたり学校を卒業すれば就くことができるのでしょうか?探偵には(1)探偵事務所に勤務、(2)自ら探偵として開業する、という2つの方法があります。

探偵は依頼された内容に沿えば、何をしても良い?

探偵は依頼者がいることで仕事が生まれます。「配偶者の〇〇を調べて欲しい。」「△△の素行を調べてもらえないか。」などといった調査依頼があって初めて行動に移るわけです。けれどもその調査のためであれば、探偵は調査対象周辺に対してどのようなことをしても良いのでしょうか?

違法行為となる場合も?信頼できる探偵事務所とは?

探偵ができることと、できないことがあることがわかりました。実際どのような行為が違法行為となるのでしょうか?実際の事例を見てみましょう。 また調査依頼を行うにあたり、どのような探偵事務所であれば信頼して調査を依頼しても良いといえるのでしょうか?

探偵はだれでもなることができるの?

テレビドラマや本の世界では、探偵が事件を解決したり謎を解くという場面があります。街を歩いていたりすると、探偵事務所のチラシが貼ってあったり、インターネットサイトでも広告で「浮気調査!」などと書かれているバナーを目にすることがあるのではないでしょうか?
実際に探偵事務所は存在します。探偵は事務所により異なり、男性であったり女性であったり、年齢もさまざまです。
また気になる調査費用ですが、これも事務所によって異なります。何人調査にかかるか、何日・何時間調査するか、によって金額は大きく変化します。中には調査報告書にも費用が掛かることがありますので、事前に確認が必要です。
もちろん調査にかかる人数が多いほど、かける時間が多いほど成果は出るかもしれません。けれどもその分費用も掛かることを知っておきましょう。
ではこの調査を行う「探偵」という仕事は、どのようなことをするのが仕事なのでしょうか?イメージでは調査対象を尾行し、どこで何をしていたか、だれと会っていたか、というようなものではないでしょうか?
私はそのようなイメージを持っていました。こっそりつけて、自宅を調べたり室内をのぞき込んだり、というもの。でも実際に探偵について調べたことがあるわけでもなく、単にドラマや小説のイメージです。ですが、よく調べてみると探偵って思っていたよりも私たちが知らないことがたくさんあったんです。
今回はそれらについてまとめてみたいと思います。